iPadの写真や書類をUSBメモリに保存する方法

iPadの写真や書類をUSBメモリに保存する方法

公開日 2021.10.25

最終更新日 2021.10.25

iPadをUSBメモリに接続するための条件

iPadをUSBメモリに接続するための条件はIPadOS13以降にすることです。
最新のiPad OS15(2021.10現在)のアップデートには以下のiPadが対応しています。

・iPad Pro(全モデル)
・iPad(第5世代)以降
・iPad mini(第5世代)以降
・iPad mini 4
・iPad Air(第3世代)以降
・iPad Air 2

必要な機器

e-TAMAYA取扱品 特長
Apple USB-C Digital AV Multiportアダプタ 対応機種:Thunderbolt 3 (USB-TypeC) ポートを搭載したMac・iPad
仕  様:USB Type-C ×1 / HDMI×1 / USB2.0 Type-A ×1
Lightning-HUB 3in1(USB-A/LAN/Lightning)アダプタ 対応機種:Lightningコネクタ対応のiPod,iPhone,iPad
仕  様:USB2.0 Type-A ×1 / RJ45(Ethernet) ×1 / Lightning(充電のみ) ×1

保存のしかた

iPadからUSBメモリにデータを保存する

※検証環境:iPad Pro(iPad OS14) / Apple USB-C Digital AV Multiport アダプタ

画像や書類のデータが入ったUSBメモリをApple USB-C Digital AV Multipoアダプタに接続し、iPadに繋げます。

右上に接続マークが表示されたら(一定時間経つと消えます)「ファイル」のアイコンをタップします。

ファイルの「場所」から「このiPad内」を選択して下さい。

iPadのデータが表示されますので、USBに保存したい画像(書類)を選んで共有ボタンをタップして下さい。

共有ボタンをタップすると右上にウィンドウが開きますので「ファイルに保存」をタップして下さい。次に、保存する場所を聞かれるので接続しているUSBの名前(この場合はNO NAME)を選択して「保存」をタップして下さい。これで保存がされました。

iPadのデータがUSBに保存されたか確認する

USBメモリをパソコンでアクセスしてみました。書類が保存されていることが確認できました。




USBメモリからiPadにデータを保存する

※検証環境:iPad Pro(iPad OS14) / Apple USB-C Digital AV Multiport アダプタ

USBメモリをApple USB-C Digital AV Multipoアダプタに接続し、iPadに繋げます。

右上に接続マークが表示されたら(一定時間経つと消えます)「ファイル」のアイコンをタップします。

ファイルの「場所」からUSBメモリを選択して下さい。(今回の場合は「NO NAME」)

USBのデータが表示されますので、iPadに保存したい画像(書類)を選んで共有ボタンをタップして下さい。

共有ボタンをタップすると右上にウィンドウが開きますので「ファイルに保存」をタップして下さい。次に、保存する場所を聞かれるので「このiPad内」を選択して「保存」をタップして下さい。
これで保存がされました。

USBメモリのデータがiPadに保存されたか確認する

保存後ホーム画面から「ファイル」をタップします。
「このiPad内」を選びUSBの中のデータが保存できたことを確認します。


関連商品

iPad

法人パソコンレンタル e-TAMAYA

【見積即答】格安パソコンレンタルゲーミングPCレンタル最短翌日お届け。
宅急便で現場へ直送・ご返却で手続き簡単。お気軽にお問合せ下さい。
TEL:0778-22-0562