「Sidecarで」iPadをMacのサブモニターにする方法

「Sidecarで」iPadをMacのサブモニターにする方法

公開日 2021.10.13

最終更新日 2021.10.13

Sidecarとは?

2019年10月にリリースされたmacOS「Catalina」に追加された、Mac のデスクトップを拡張またはミラーリングしてiPadOS 13以降のiPadをサブディスプレイとして使える機能です。

Sidecarでできること

モニター拡張機能

Macの画面の表示領域を広げられることで、より多くの情報を画面上に表示できるので、作業がしやすくなります。

ミラーリング機能

Macと同じ画面をiPadに映し出すことができ、小規模のミーティングでプレゼンテーションなどの用途に適しています。

IPadを液晶タブレット化

Apple Pencilと組み合わせて、iPadを液晶タブレットのように使うこともできます。
スタイラス入力に対応しているMacアプリでSidecarを活用すれば、手書きでの文字書いたりイラストなども作成することができます。

Sidecarを使える条件

Sidecarに対応モデルのMacと iPad は以下の通りです。

Mac

・MacBook Pro (2016 年以降~)
・MacBook (2016 年以降~)
・MacBook Air (2018 年以降~)
・iMac (2017 年以降~) または iMac (Retina 5K, 27-inch, Late 2015)
・iMac Pro Mac mini (2018 年以降~)
・Mac Pro (2019 年)

iPad

・iPad Pro (全モデル)
・iPad (第 6 世代) 以降
・iPad mini (第 5 世代) 以降
・iPad Air (第 3 世代) 以降

その他の条件

・MacとiPadは最新のOSを搭載すること。
・両方のデバイスで2ファクタ認証を使った同じApple IDでサインインしておくこと。
・ワイヤレスで使う場合は、両方のデバイスをBluetooth、Wi-Fi、Handoffを有効にしておくこと。
・有線接続で使うには、Macを信頼するように iPadを設定しておくこと。

Sidecarのつなぎ方

モニター拡張機能としてのつなぎ方をご紹介します。

同じApple IDでサインインする

Apple IDの確認のしかたは以下の通りです。

MacのApple IDの確認のしかた

「システム設定」>「[ユーザ名]」>「Apple ID」の順に選択します。


iPadのApple IDの確認のしかた

「設定」>「[ユーザ名]」の順に選択します。

2ファクタ認証が有効になっているか確認する方法は以下リンクを参照して下さい。
設定していない場合は設定を有効にして下さい。

2ファクタ認証を設定する(Apple公式)

iPadに接続する

システム設定の「Sidecar」アイコンをクリックして下さい。

Sidecarとして接続するiPadを選択して下さい。
サイドバー表示やTouth Bar表示は使用環境によって適宜選択して下さい。



Sidecarの拡張機能が適応されました。

Sidecarのポイント

うまくつながらない場合

・MacとiPadがSidecarに対応しているか確認する
・同じApple IDにサインインする
・AppleIDの2ファクタ認証を有効にする
・ワイヤレスで使用の場合はBluetooth・Wi-Fi・Handoffがオンになっているか確認する
・有線接続で使用の場合はiPadでコンピューターの信頼設定をする
・MacとiPadの距離が離れすぎていないか確認する

まとめ

Sidecarを使うと、作業のための画面スペースが広くなるので、書類作成やWeb会議をより快適に行えるようになります。しかし、利用できる端末には条件があります。
対応するMacとiPadをレンタルする際に、ぜひ試してみてはいかがでしょうか?


関連商品

iPadMac

法人パソコンレンタル e-TAMAYA

【見積即答】格安パソコンレンタル最短翌日お届け。
宅急便で現場へ直送・ご返却で手続き簡単。お気軽にお問合せ下さい
TEL:0778-22-0562